2013年5月に消火栓の箱に閉じ込められていたところを保護。

保護した当初は病気に感染していたため1週間ベランダで隔離していました。

 

保護してからデブ猫になってゆくまでの過程をまとめています。

それでは御覧ください

 

Sponsord Link

 

 

 

この頃から普通の猫とは違う堂々とした感じがありました。

 

↓4日後にはきれいな顔になりました

 

 

保護して1ヶ月後しっかりした顔つきになってきましたね。

 

常にコチラの様子を伺っている

 

少しずつデブ猫の気配が・・・

 

水の飲み方が豪快になってきました

 

2014年7月保護して1年2ヶ月でお腹がでてきました。

 

お昼寝タイム

 

 

 

 

 

基本的にサイズが合わない。

 

同じオス猫と比較しても圧倒的サイズ感

 

デブ猫によく観られる座り方

 

 

玄関までお見送り

 

 

 

仲良しの猫は枕代わりか!?

 

どアップ

 

苦しそうだけどそれが心地よいみたい

 

トイレでリラックス

 

食卓テーブルを独占

 

扉の向こうでは何が・・・

 

今夜のご飯はまだかな・・・。

 

ベットではなく爪とぎです

 

腹減ったー

 

何かの卵みたい

 

他の猫と比較すると圧倒的感がよく分かる

 

基本的に隠れない

 

枕はブタさんで

 

 

 

背中の肉がやばい

 

 

普段はふてぶてしくてどっしりしているけど、見知らぬ人には凄い警戒しています。

お客さんが帰るまでひっそりと隙間に隠れていました。

 

プロフィール

名前:チャーリーくん・でぶすけ

性別:オス

体重:8.6kg  2018年6月

健康状態:良好

 

 

Sponsord Link