ゲンゲって深海魚がヌルヌルしているけど、コラーゲンがたっぷり入っていて、

美味しんぼにも出ていたり、何気に女性に人気があるんですって!!

 

富山の友人が教えてくれたのですが、珍しい魚なので由来やレシピなど色々と探っていきます!

げんげ レシピ 深海魚 画像

 

Sponsored Links

☆ゲンゲの名前の由来は?


タナカゲンゲの名前の由来を調べていたら、悲しい過去でした・・・。

 

ゲンゲ由来1

劣化が早く、すぐに生臭くなってしまって、流通の技術が乏しい昔は食べられる

地域が限定していた。

なかなか食べられない幻の魚→幻魚(ゲンゲ)と呼ばれた。

 

ゲンゲの由来2

主にズワイガニ漁の網にかかっていた。誰も食べる人がいないので、基本的に捨てていた。

下魚(げぎょ)がなまって、「ゲンゲ」になった。

 

個人的には幻の魚の説がプレミア感があって好きですねー。

 

他には、鳥取県岩美町では「ババ」「ババア」と呼ばれています。

なんだか、女性に失礼な名前ですね・・・。

ただ、近年では町役場の職員が「ちゃん」をつけようということで、「ばばちゃん」と

可愛らしい名前になっています。

 

 

☆ゲンゲの竜田揚げが美味しいお店は?


ゲンゲの竜田揚げは、美味しんぼでもテーマになるほど人気があるんですね。

「海風亭」の竜田揚げ一度は食べてみたいですねー。

メッチャウマソです。

げんげ レシピ 深海魚 画像

 

→海風亭のアクセスや詳細はコチラから

 

 

☆ゲンゲの通販はやってるの?


ゲンゲを通販でお取り寄せ出来ないか調べてみたところ、ありました!

現代の流通技術の進歩に感謝ですね!

 

楽天では処理済みの鍋用がありました↓

山陰の珍魚ばばちゃん(鍋用処理済)【冷凍】約650g(2~3人前) (ババア、タナカゲンゲ・キツネダ、きつねだら、たなかげんげ、ばばあ)

価格:1,350円
(2014/3/5 23:30時点)
感想(0件)

Amazonでは干物がウマソでした↓

浜浦水産 げんげ丸干 8尾×3袋 -クール-

新品価格
¥1,575から
(2014/3/5 23:31時点)

☆ゲンゲの美味しいレシピは?


唐揚げ

げんげ レシピ 深海魚 画像

三枚おろしなどが苦手な人にオススメ!

頭と内臓を取って、まるごと唐揚げに!20cmぐらいの小型の魚なので

骨までバリバリ食べられるぐらいまで揚げられます!

レモン&ポン酢などでまるごとペロリです!

 

→ゲンゲの唐揚げのレシピはコチラから

 

 

味噌汁

げんげ レシピ 深海魚 画像

淡白なゲンゲは汁物との相性もいい感じ!

味噌汁で食べるって人も結構耳にしました。

独特のぬめりも味わえますね。

 

→ゲンゲの味噌汁のレシピはコチラから

Sponsored Links