バイクのような近未来型の一輪車ワンホイールアイ1がいよいよ発売されますね!

 

セグウェイ同様重心移動によって操縦するのですが、

ハンドルで曲り、ブレーキで止まり、アクセルで発進とバイクに似た感じですね。

自転車に乗れる人なら、簡単に乗りこなせそうですねー。

ワンホイールアイ1 画像

Sponsored Links

☆ワンホイールアイ1の発売時期はいつ頃でスペックは?

 

まだ量産はされておらず、モニター募集を兼ねての販売になっています。

公道は走れないので、個人での使用可能範囲はある程度限られてくるとは

思いますが、公園やテーマパークで乗ってみたいですね。

 
  • 予約開始:2015年5月15日(金)  
  • 発送時期:夏~秋
  • モニター:個人100台  企業100台 合計200台(選考あり)
  • 価格:24万8000円~29万8000円(税込)
  • 走行距離:15~30km
  • 最高時速:20km
  • 重量:25km
 

アメリカが開発した電動一輪バイク「Ryno」のスペック
  • 価格:約54万円
  • 走行距離:16km
  • 最高時速:16km
  • 重量:72.5km
Ryno比較してもワンホイールアイ1が優れているのかがわかりますね。

動画では両手を使っていましたが、慣れてくるとコーヒを片手に携帯で通話しながら

走行もできるので、安定感も抜群のようです。

Sponsord Link


☆モニター購入予約はどうやるの?

 

モニターの購入予約は、ONE-WHOEELの公式サイトから行います。

個人は100名の枠ですが、めざましテレビや色々なメディアでも広く募集

するはずなので、狭き門になりそうです。

 

→ワンホイールアイ1のモニターページはコチラから

 

早くこの手の乗り物が公道を走れるようになると嬉しいですね。

マンガや映画の世界が少しずつ現実になってきていますね。

 

楽天やアマゾンでも電動一輪車が結構発売されていますね。

どれもシンプルで格好いいですね。




 

Sponsored Links