皆さんは、初詣に行く場所は決めていますか?

正月なので家でゴロゴロもいいのですが、それも飽きてきた人は初詣に行きましょ!

 

2012年三か日の初詣の参拝者ランキングですが、

1位 明治神宮 315万人 (東京都渋谷区)

2位 成田山新勝寺 298万人 (千葉県成田市)

3位 川崎大師 平間寺 296万人 (神奈川県川崎市)

 

いやーどこからこんなに人が集まってくるんだ!ってぐらいスゴい数ですね。

成田山新勝寺がまだ行ったことないので、混雑状況や穴場の駐車場がないかな。

成田山 新勝寺 初詣

Sponsored Links

☆成田山新勝寺の場所や参拝時間は?

 

成田山新勝寺の場所ですが・・・

成田山 新勝寺 初詣

 

 

成田山 新勝寺 初詣

 

 

都内からだと、国道464をドライブがてら走らせると案外早く到着しそうですね。

電車も京成本線だと、成田駅まで楽ちんで行けますね!

 

→新勝寺への車と電車でのアクセスの詳細はコチラ

 

参拝時間ですが、ありがたいことに終日開放していました!

夜間は閉めるのかと思っていましたが、298万人の参拝者を向かい入れるには

休んでいる場合じゃないんですね。神様の頑張りどきですね。

定休日も無いし、入場料ももちろん無料なのはいいですね。

 

混雑状況ですが、時間帯に左右されます。

早朝はスムーズに出来ますが、お昼時など皆さんが活動し始める時間帯は

2時間待ちと言う人もいました。

 

待ち時間も初詣の楽しみと考えて、私は屋台の食べ歩きをしています。

特に寒い時の甘酒がサイコーなんですよー。

いつも3杯はおかわりしちゃいます

成田山 新勝寺 初詣

 

 

☆新勝寺のおすすめの近隣駐車場は?

 

どこの人気初詣の近隣駐車場でも一般的に言えることですが、近くになるにつれ

なかなか止められないし、駐車料金も跳ね上がって行きます!

新勝寺の近隣駐車場も普段は500円~600円なのですが、正月料金の1000円になります。

 

少し離れると結構穴場があって、成田市役所 東和田駐車場も好評のです

駐車料は400円でお得だし、多少距離があるものの、新勝寺近くの駐車場で空き待ち

や渋滞にはまるよりは少し歩いたほうがはるかに良いです!

ただ、屋台やおみやげ屋をぶらぶらしながら歩きたい人は、電車が一番です。

※情報はパパはDIY好きさんのブログより

 

市営東和田駐車場の詳細はコチラから

 →新勝寺西門から徒歩二分の黒田駐車場はコチラから

 

Sponsord Link


 ☆新勝寺からの初日の出は何時から見れる?

 

新勝寺は比較的高い位置にあるので、初日の出もなかなかいいとの声がありました。

せっかく行くなら初日の出&初詣をセットにしてみるのもよさそうです。

2014年1月1日の成田市の日の出

6時48分です!

新勝寺 初詣

 

 

☆初詣のお賽銭はいくら入れるのが一番良いの?

 

お賽銭の金額によって何かが変わるわけでは無いし、特に決まりは無いようです。

私は、年に一回の事なので、500円にしています!

 

ちなみに、1000円以上の御札は白い封筒に入れて、住所と名前を書いて入れる

というルールがあるんですね。

まぁ私は入れないので関係ないか・・・。

 

お賽銭の考え方として、参考になるのを見つけました。

 

お賽銭は「お布施(おふせ)」の一種です。
お布施は仏教で「慈悲の心をもって、他人に財物などを施す」行為だと言われています。

つまり、「自分にとって必要なもの」を、慈悲の心をもって「見返りを求めず与える」ことが大切だという考えです。

 

小さい頃お賽銭を入れた後に「◯◯が欲しいです」とお願いをしていましたが、

親から「昨年はおかげ様で、元気に過ごせました。ありがとう」と感謝をしなさいと言われました。

お願いをする場所ではなく、感謝をする場所と言う考え方も私は好きです。

 

 

☆参道にはどんな屋台があるの?

 

参道には食べ歩きが楽しみになるような屋台も沢山用意されています!

私にとっては、これがメインになりそうです・・・。

 

新勝寺の名物なのか、うなぎ屋が数多くありますね。

もちろんどこも行列になりますが、3000円は正月価格でしょうね・・・。

 

新勝寺 初詣

 

 

ドネルケバブもそこそこ有名になっているようです。

寺なので和食なイメージが強かったのですが、クレープみたいに食べやすくてウマイ

ケバブが人気あるようです。

新勝寺 初詣

 

他にも柳屋の羊羹やイナゴの佃煮、甘酒やくず餅、石焼栗や落花生

などなど、食べ歩きだけで数千円かかっちゃいそうな感じです。

参拝より時間かけたくなっちゃいますね。

JACKさんのブログより写真などを参照

Sponsored Links