皆さん!焼き芋の季節ですよー!!

じょじょに寒くなってくる秋とさっむーい冬は、やっぱり焼き芋でしょ!!

最近、近所のスーパーで、売っている焼き芋がめっちゃウマなんですよ!!

レンチンして、蜜がたっぷりな芋を愛犬と一緒に食べるのが、楽しみなんです。

お店の様な美味しい焼き芋を家庭で作れないかと思い、ちょいと調べてみました。

焼き芋

Sponsord Link


まずは品種ですが、色々あるんですね!!

芋は種類によって旬の時期が異なりますので、美味しく食べるには時期に注意!

シーズン末期だと、状態の良くないのが届くこともまぁまぁあるようです。

一般的な食べ頃は、9月中旬~4月下旬(調べていて10月中旬からの出荷が多いように感じました)

 

知覧紅(ちらんべに) 鹿児島県 サツマイモ

焼き芋

☆焼きいもにすると 皮が密でべとべとになるほどの 甘さの濃いサツマイモ。

☆ジューシーなところが 冷めても食べやすいのです。サツマイモって冷めてしまうと

のどに詰まる感じがして、アツアツでなければしょうのないものという概念を 見事覆してくれました。」

(引用:これってやはり化石?私のライフスタイル)

 

価格の目安:5kg 2,100円

 

 

鳴門金時 (なるときんとき) 徳島県 サツマイモ

焼き芋

「なると金時は徳島の北東部の砂地地域(鳴門市、北島町、松茂町、徳島市)で盛んに栽培されています。

特徴は一言『甘い!』。甘いと言ってもものすごく甘いわけでなく、あえて表現すれば『品のある甘さ』。

オーブントースターでただ焼いただけのものを食べると、素材の味が実感できますよ。

おいしさの秘密は、土壌にあります。従来からの砂地である砂丘畑と、

海砂を客土(砂を運んでくる)した砂地畑で栽培されており、

水はけのよい海水のミネラルをたっぷりと含んだ砂地で、質の良いなると金時が作られます」

(引用:全農徳島より)

鳴門金時の中でも、ワンランク上の品種がありました「里むすめ」という名前です。

かなり人気があるようで、一般の鳴門金時よりも1割~2割高いそうです。

 

価格の目安:5kg 3,300円

 

 

五郎島金時 徳島県 サツマイモ
焼き芋

生産地は石川県金沢市の五郎島・粟ヶ崎地区や内灘砂丘。加賀伝統野菜の一つに入っている。

「お菓子作りの達人が「こんな美味しいスイートポテトは初めてだ」と喜んでくれました。さすが五郎島金時」

 

価格の目安:5kg 4,200円(送料込み)

 

 

安納芋 種子島

焼き芋

種子島が産地の安納芋ですが、糖度が16度もあり、丁寧にじっくり焼くと40度まで

上がるそうです!焼いた後はクリーム状になり、冷やすとアイスクリームのように

なるそうです!芋のホクホク感は無いのが特徴です!!

ヒルナンデス!でもめちゃうまと話題になっていましたね!

 

価格の目安:5kg 4,000円(送料込み)

 

 

 七福芋 四国・愛媛県新居浜市


焼き芋

クリックで拡大↑

価格の目安:4kg 5,250円(送料込み)

 

 

紅まさり 茨城、徳島

焼き芋

クリックで拡大↑

価格の目安:5kg 2,480円(送料別)

 

栗黄金 鹿児島 熊本

焼き芋

クリックで拡大↑

価格の目安:5kg 4,500円(送料込み)

 

 

指宿むらさき(いぶすむらさき)

焼き芋

クリックで拡大↑

価格の目安:5kg 3,000円(送料別)

 

人参芋 (にんじんいも)

焼き芋

 

画像をクリックで拡大↑

価格の目安:5kg 3,000円 (送料別)

 

焼き芋に合う芋の取り寄せ・通販の検索はコチラから(楽天)

 

 

全国的も有名な芋ばかりですね。どれもめっちゃ美味そうです!

バラエティーパックみたいにあればいいのにね!

 



鳥取県の倉吉市の猫の焼き芋屋さん!これは流行りそうだ!!

 

猫のおいも屋さん

 

主な活動範囲:赤瓦周辺と研屋町の公園らしいです!めっちゃあってみたい

(出典:ぶんぶろぐ2)

 

家庭でも簡単に作れないかと思い調べてみたところ、結構手軽に作れますよ!

焼き芋の作り方は色々あって、焼かれていないのもありました。
  • 石焼
  • 電子レンジ
  • オーブントースター
  • 炊飯器
  • 鍋でホイル焼き
主流はこの辺ですね。やはりレンジが一番手軽ですが、

石で焼く芋は格別に美味しくなるそうです。

折角上等な芋を買うのなら、一度は石焼で食べてみたいですね。

 

 

石焼き芋の作り方
  1. ホームセンターなどで、「大磯砂利」3kgぐらを購入。似たようなものでもOK
  2. 砂利を熱湯消毒します。
  3. 鍋やフライパンに砂利を敷きます。(テフロンや、傷つくとまずいものはNG)
  4. 石があたたまるまで強火で熱し、中火にした後に芋を並べます
  5. 10分おきに芋を転がします。
  6. 45分から1時間で出来上がり!
焼き芋

 

※70度前後の低温で長時間焼き上げることがポイントです!!



 

 電子レンジで作る場合の究極の作り方!!

「適当な芋を一本ラップに包み、これを電子レンジで触ると「熱い」程度(約60度)くらいに加熱します。

重さ200グラム程度の芋ですと、この時間が約1分半です。

次に電子レンジの「解凍」にして約9分間過熱しました。(500グラムなら3分と12分くらいです。)
10分少々で美味しい焼き芋ができました。石焼芋が45分であるのに比べ、

なんと手軽に美味しい焼き芋ができるか、是非やってみてください。
なお、ラップでなく新聞紙に包んでやってみたところ、ラップでは水蒸気で芋が濡れてしまうのですが、

新聞紙でやればこの水分を紙が吸ってくれます、本物の石焼芋のように香ばしい芋が「焼け」ました。

結論:芋を新聞紙にくるみ、電子レンジで、強火で1分半あと「解凍」にして10分、

美味しい「石焼芋」の『一丁あがりー』。」

(引用:web喜怒哀楽より)http://yasukane.seesaa.net/article/59403199.html

 

 

石焼き芋のレシピがまとめられているサイトはコチラ※動画もあります

※繰り返しますが、10分程、最適温度(70度前後)で熱を通す事がポイントです!!

 

 

三重県ってところてんに黒蜜かけて食べるんだね

Sponsord Link