2008年8月に保護して2010年ぐらいに無くなった猫の話をする。

医学的な知識は皆無です。思ったことを書いているだけなので、そんなこともあるかもねくらいで読んでください。

 

名前:ちょろすけ

死亡時の年齢:2歳

死因:不明(獣医でもわからなかった)

 

Sponsord Link

 

体調不良になり直ぐに死亡

いつもなら目覚ましが鳴ると、そっとおでこ舐めて「起きる時間ですよ」と起こしに来るのだが、

その日の朝は部屋の隅っこでうずくまって、じっと寝ていました。調子が悪そうだなと思っていたら夕方になっても体調が戻らず、急いで動物病院に連れていきました。

検査しても原因がわからずそのまま帰宅。

 

その日の夜遅く、家族が全員帰宅した後に死んでしまいました。

 

キジトラの子猫の寝相

キジトラのオス猫が丸まって寝ている

 

原因を考える

原因不明と医者には言われたけど、ちょろすけと他の猫の違いを考えてみた。

結果、ちょろすけはゴキブリを頻繁に食べていた事を思い出した。

 

石垣島にある築40年以上の古い団地なので、やたらとデカイゴキブリが出現していた。

毎回捕まえては美味しそうにむしゃむしゃと食べていたのだ。

 

根拠は何もないけど、原因はゴキブリを食べていたことじゃないかと思う。

まさか、お腹の中で孵化したとか・・・。

 

思いつきで書いているだけなので、参考にはしないでください。

 

Sponsord Link