沖縄の強烈な紫外線の下で青空駐車を繰り返して数年・・・。

愛車の光沢が無くなりなんだかかわいそうな状態になっていたワゴンRを知識もない素人の私でも簡単にピカピカにすることができたので、手順などを紹介します。

 

この記事を読めば干からびた外観をピカピカにする方法がわかります。

ガソリンスタンドのワックス洗車では解決しなかった人にも参考になります。

 

Sponsord Link

 

まとめ

  1. カー用品店に行って相談する
  2. 熱中症対策で飲み物を準備する
  3. 水洗い洗車する
  4. 下地を整える
  5. ワックスを塗る

 

かかった時間は約4時間程度。

夏場はかなり大変な作業になるので、適度に休みながら取り組んでくださいね。

 

おまけ

終わった後の乾杯用ドリンクもあるとなお良いです。
達成感が半端ないので、輝いている車を見ながら自分に乾杯してください(*^_^*)

 

 

ビフォアアフター

まずは、結果から報告しますね。

 

青空駐車で日焼けしたワゴンR

↓↓↓ 乾いた感じの外装が光ってる!!

ワックスで光ったワゴンR

 

 

ボディも紫外線で日焼けしてオレンジ色に・・・。

光沢が剥げている車

↓↓↓ オレンジ色から元の赤に戻ります!

ワックス後のワゴンR

 

 

自分の車にピッタリのワックスを見つける方法

イエローハットやオートバックスにワックスを買いに行っても、どれも良さそうだし値段もピンきりどれを選んだら良いのかわからない!

私もそうでした。そんな場合は・・・

 

「店員に聞いてください」

 

以上です。これだけ。

 

「光沢を出したいのだけど、私の車にオススメのワックスを教えてください」

 

といえばプロがあなたにピッタリのアイテムを選んでくれます。

悩むぐらいなら専門家に一言相談するだけでOK。

 

私の場合はあまりにもひどかったので

「うわ~大変なことになった。大変なことになった・・・。」とスタッフが言っていました。

 

どうしてここまで放置した?と言われそうな状態でしたが、ちゃんと輝くボディにしてくれるワックスを選んでくれました。

 

 

購入したワックス

凄い考えてもらいながら選んでもらったワックス。

丸くて黄色いのが:1600円

黒いボトル:1300円

2つ合わせても3000円以下で済みました。

 

この時に、キメが粗い布2つとキメが細かい仕上げ用の布を買っていた方が良い。

 

洗車にオススメの薬品

 

 

清掃の手順

オススメしてもらった商品で手順は変わると思いますが、参考のために書いておきます。

ブラックカラーと書いてありますが、白以外のカラー車なら使えます。

 

 

①まずは外のホコリを落とすために水洗いします。

簡単にササッとでOK

 

 

②スピリットクリーナーで下地を整える(黒いボトル)

水アカや小さな傷も消えます。

伸ばしたり拭き取ったりする時に、キメが粗い布を最低でも2枚は用意しておくとスムーズ。

多少車の色が落ちますが、気にしないでも大丈夫。

 

 

③コンパウンドワックスで磨きをかける

コンパウンドワックスで磨くと小さなキズも消えるだけでなく、輝き復活します。

拭き取る時にキメが細かい布があるとよりスムーズにできますよ。

いらない洋服でも代用可能。

 

コンパウンドワックスを拭き取ると完了です。

お疲れ様でした。

ワックス後のワゴンR

 

輝いている車を見ながらスカッとする飲み物で乾杯しましょう。

 

スピリットクリーナーはネットで売っていたので、紹介しておきますね。
やはり、ネットのほうが多少は安い。

 

 

 

Sponsord Link