わわさびについて調べていると、「生」「本」「山」と付いています。
何が違うのか調べてみました。

また、実際に本わさび、山わさびを食べてみた感想なども書いています。

Sponsord Link


生、山、本ってどう使い分ける?

本わさび(生わさび)

wa3

山わさびと区別するために「本わさび」と呼ばれている。

「生」が付くのは単純に生の状態だからだと思う。

粉わさびは「粉」って書いてあるしね。

 

本わさびも種類がある

本わさびも育て方で呼び名が違っています。

渓流や湧き水で育てられた「水わさび」(沢わさび、谷わさび)

畑で栽培している「畑わさび」(陸わさび)と呼ばれるわさびもある。味や風味が水わさびよりも劣るらしいです。

 

本わさびが出来るまで

早い品種は植え付けから1年~1年3カ月

遅い品種は1年半~2年

 

2年も安定した環境で栽培するってハイレベルな品質管理ですね。

育成に時間がかかるのに、Amazonで1本1000円で買えるって、安過ぎて驚きです。

 

市販のチューブわさび

市販のチューブわさびで、「本わさび入り」と表示されている場合は、原料わさびのうち本わさびの使用が50%未満、「本わさび使用」と表示されている場合は、原料わさびのうち本わさびの使用が50%以上です。

 

パッケージは似ているのですが、メーカーによって表示が異なっています。

裏の成分表は使われている材料が多い順に明記されているので、参考になりますよ。

SBわさび山中わさび

 

山わさび

a

西洋わさび、ホースラディッシュとも呼ばれています。

北海道では山や牧場など至る所で自生しています。

 

プランターや庭の隅っこに植えておくだけで、グングン成長し、水や肥料がいらず手間がかからないんですって。

 

山わさびが出来るまで

1年~3年と場所や環境によってかなりばらつきがあります。

収穫時期は霜が降りて葉が枯れる11月~新芽が出る5月までです。

 

生わさびの特徴

ピリッといた程よい辛味と独特の風味が特徴です。

根側と茎側で辛味と風味が全然違うので、食べ比べながら新しい発見を楽しめます。

 

自然の植物なので、産地や時期によっても風味や辛味が違ってきます。

個人的にはツーンと来るアレはなかったです。

※私が試したのは静岡天城産の本わさびです。

 

↓本わさびの現在の価格は下記からどうそ↓
 

山わさびの特徴

見た目はわさびとは全然違うのですが、辛味や風味が本わさびと似ていました。

本わさびほど風味は強くなく、辛味は根側に似ています。

 

ただ、辛味の揮発性が物凄い!

おろしたての山わさびを嗅いだだけで、ツーンとして涙が出てきました。かなり強烈です。

その分辛味が無くなるのもかなり早い。食事が終わる頃には殆ど辛くありませんでした。

img_3576

 

私が試したのは北海道北見市の山わさびです。

商品は200円でしたが、沖縄までの送料が1000円でした。

 

↓山わさびの現在の価格をしらべてみる?

人生で一度は試す価値あり!

もし、本わさびを食べた事がないなら、人生で1度は試してみて欲しい。

本物のわさびの香りって言葉では表現できないので、実感してみて欲しいです。

 

鮫皮おろしはどうしてもこだわりたい人以外は、買う必要無いです。

今の時代クリックするだけで低価格でお取り寄せできるので、とても便利だなと実感する今日この頃でした。

Sponsord Link