那覇高校近くの那覇市松尾にお店がある「プチットリュ」は、芸能人や全国放送のテレビの取材が来るフレンチレストラン。

※2018年10月より牧志公設市場から移転しました。

沖縄の食材を中心にシェフがこだわり抜いた料理が、良心的なお値段で楽しむことができるのです。

沖縄県民はもちろん。沖縄の食材をたっぷり使用しているので、観光で来た方にも強くオススメできる洋食料理屋。

 

このページでは店内の雰囲気や料理を中心に紹介しています。

 

Sponsord Link

 

まとめ

  • 誕生日やデートに向いている
  • 予約は必須!基本満席
  • 家族3名で16,500円程度
  • ワインにこだわっている
  • 沖縄の食材にこだわっている
  • 人柄が良い夫婦で運営している
  • 子連れには向かない
  • 敷地内禁煙
  • 芸能人が良く利用している
  • テレビの取材も何度も受けている
  • 隣の席の会話が聞こえるので密談には向かない

 

 

メニュー

コースメニューは決まっていますが、メインを豚、魚、牛肉に変更することもできます。

季節や市場で入手できた食材で変わることが多い。

アミューズとかミキュイとかよくわからないだけに、期待が高まる!

 

 

ワインがとても充実していて、何ページかありました。

セブンルールで紹介された「グレイスワイン」を取り扱っています。

迷った時はグラスワインで飲むか、相談したほうが良い。

プチットリュのメニュー

 

 

外観/内観

プチットリュの内観

 

 

料理

 

秋をイメージした枯れ葉のアミューズ

スプーンにノッているのが「豆腐ようのアイス」

豆腐よう味のアイスって人生初体験。酒臭くなくて以外にもイケた!

プチットリュのアミューズ

 

香りのコンソメスープ

もちろん市販のコンソメではなく一から手作り。

コーヒーを飲むような器に新鮮なシークヮーサーが入っていました。

寒い日にぴったりで、心が温まるようでした。

プチットリュの前菜のスープ

 

メバチマグロのミキュイと今帰仁さんスイカ
島オクラのコンディマント海水のジュレ添え

ミキュイ?コンティマント?誰それ?

聞き慣れないキーワードが特別感が出ていい感じです。

ラピスラズリのような青いジュレは、植物から抽出したそう。説明があったけど忘れた。

見てるだけでも楽しくなってきますよ!

 

 

プチットリュの前菜ミキュイ

 

車海老のクルスティアンと島ダコのベリエ
根セロリとともに

普段車海老って食卓に並ばないので、特別感が出ていいですね。

根セロリは右の緑色の物体だと思う。口にする機会が無いものばかりで脳が喜んでいます。

プチットリュの前菜

 

特製テリーヌ 2種
フランス産きのことヤンバル産きのこのテリーヌ

県産ヤギのテリーヌ パセリ仕立て

フランスのきのこってどんな形しているんだろうね。と思いながら食べました。

ヤギはクセがあまりなくて食べやすい。フーチバーソースもついてました。

ヤギが苦手な人は豚に変更も可能。

プチットリュの山羊のテリーヌ

 

 

メインは3名で行ったのでそれぞれ別々を頼みました。

 

①マーマチのグショネット シークヮーサーバターソース

カリカリの皮がいい感じ。マチもクセが無くてソースと良く合う。

プチットリュのメインの魚

 

沖縄和牛の頬肉のブッフ・ブルギニヨン

説明があったけど、見とれててブッフブルギニヨンがもはやなんなのか記憶にありません。

結構ボリュームがあって食べごたえがあります。

プチットリュのメインのステーキ

 

山原豚肩ロースのソテー フランス産粒マスタードソース

マスタード苦手なので普段なら注文しませんが、豚肉が好きなので注文しました。

マスタード独特のクセを感じること無く、全て美味しくいただきました。

肩ロースなので脂身が少なくて私は好き。

ただ、歯ごたえが結構あるので柔らかいの食べたい人は別のが良いかも。

プチットリュのメインの豚肉

 

デザート
デセール 今帰仁産はちみつとナッツのヌガーグラッセ 秋のプチフール添え

ヌガーグラッセはアイスのように少しひんやりした感じでした。ナッツもふんだんに使われてて、はちみつの風味とぴったり!

笑顔のクッキーは生姜の風味がして、口直しに良かった。

右下の黒いのは黒糖ゼリー。口に入れた瞬間さとうきび畑とが脳内に広がりました。

 

プチットリュのスイーツ

 

おまけ?のデザート

メニューには掲載ありませんが、いただくことができました。

生チョコと県産レモンを使ったなんちゃらです。

食べたこと無い感覚で面白い。

プチットリュのデザート

 

プチットリュの由来は?

 

プチットリュはフランス語で「路地」という意味。

移転前は牧志公設市場周辺の路地のあまり目立たない場所にありました。

 

今は名前の由来とは対極で大通り沿いですが、わかりやすいし今のほうが良いかなと思う。

 

 

店主が書いているブログ

訪問する前日にブログをみて、食材のチェックするとより美味しく食べられます。

→プチットリュ 公式ブログ

 

個人経営のお店で頻繁にブログを更新している方はかなり珍しい。

仕込みに使った食材や加工の様子も公開しています。

 

お休みの日や午前中に精力的に食材を探したり、人とつながったりしていることがよく分かる良いブログだなと思いました。

 

 

客層

私達は家族の誕生日に3名で利用しました。

他にもデート・夫婦・家族で利用している方が多かった。

 

 

店舗データ

  • 店舗名:プチットリュ
  • 定休日:月曜、火曜
  • 時間:17:00~22:30
  • 住所:那覇市松尾2-17-32
  • 予算:一人6000円
  • 電話:098-863-0716
  • 駐車場:近隣に有料駐車表
  • ウエブサイト:公式サイト

 

備考

敷地内完全禁煙

 

 

Sponsord Link