auから楽天モバイル2年使用したメリット・デメリットを書いてみる

auから楽天モバイルに変更して2年が経過した。auから楽天モバイルに乗り換えようか考えている方の参考になるようメリット・デメリットをまとめておきます。

広告

楽天モバイルのメリット

まずは楽天モバイルの良いなと感じているところから紹介します。

楽天のプランの紹介を簡単に

  • 3.1Gプラン

屋内はWi-Fiを使用しており外であまり使わないので3.1Gプランにしています。
いろいろプランがあるけどWi-Fiが使える環境なら極力安いプランがおすすめ。

月額料金が安い

1年間の支払料金を調べたところ・・・

  • 最高料金:2258円
  • 最低料金:1730円

通話を行わなければ2000円以下に収まるのはとても良い!
安くするために楽天に変えたので高いプランにすると意味無なくなる。

auと年間料金を比較

  • au:120000円
  • 楽天:24000円

単純計算だけど年間100000円も差が出る。10年使うと100万円も変わってくる。家族が4人だと400万円か・・・。

2年縛りがない

最低利用期間の縛りがあるプランもあるけど、縛りがないプランもあるのでとても良い!

更新月が無い

大手キャリアだと定められた月以外で解約すると料金が発生する悪魔のような仕組みがあるけど、楽天モバイルは無い。

更新月に不満を持っていたのでとても良心的で良い!

楽天ポイントがいつも2倍

楽天市場のポイントを普段から集中的に貯めている私はとても嬉しい。

更に1利用料100円につき1ポイントもらえる。

スマホ料金を楽天ポイントで支払える

2000ポイントとか普通に貯まるので、楽天市場を普段からよく利用している人は現金で支払わずに利用できる。

期間限定ポイントが使えない時はスマホの支払いに使えば良い。



中古のiPhoneを購入して安上がり

私が乗り換えた時期はドコモキャリアのiPhoneじゃないと楽天SIMが使えなかったけど、今はauとかSoftbankも使えるのかな。

楽天やメルカリに出品されてる中古のiPhoneでも使えるので、最新機種でなければかなり安く手に入れることができる。

データを繰り越せる

余ったデータは翌月まで繰越可能。私は使いきれずに毎月繰り越されている。

Wi-Fiが使える環境なら3.1Gでも楽勝。

楽天モバイルのデメリット

続いてデメリットをまとめていきます。

4Gが遅い

回線はドコモの4G高速データ通信を利用しているが遅い!

Youtubeは見れたものじゃない。再生されてもすぐ止まるし実質見れない。

5チャンネルのおもしろGIFまとめのGIFすらもまともに見れない。

とにかく遅いのでWi-Fiがない環境の人はおすすめできない。

ただ、PUGBやグラブルなどのソシャゲはストレスなく動く。

電波が弱い

建物の奥に行くとアンテナがみるみる減っていく。

地域によるのかね。

iPhoneが売られていない

楽天で特価で買える主なスマホがAQUOSやHUAWEIしかない。

iPhoneも特価で買えたらリスクがあるメルカリなどで購入する必要が無いのにね。

iPhoneにこだわらなければ安くでスマホを持てる。

整備が追いついていない

総務省は2019年8月26日、10月に携帯キャリア事業へ参入予定の楽天モバイルに対し、基地局の整備が遅れているとして、文書で指導を行ったと発表した。同社への行政指導は、3月、7月に続いて3回目。基地局の設置場所の確保に早急に取り組むよう求めたという。

 この他、基地局の工事が着実に進むよう管理する体制を整えることを要請。サービス開始までに、利用者に品質や提供エリアなどを説明し、苦情・問い合わせを処理する体制づくりに取り組むことも促した。

 総務省は3月、楽天モバイルに具体的な基地局の開設計画を提出するよう要請。4月に基地局の設置場所の確保などを条件に、携帯キャリアとして認可した。しかし6月末に工事の進捗に遅れがみられたため、7月17日に計画を修正・実行するよう指導。楽天は8月19日、同省に今後の取り組み強化などの方針を報告したという。

 同省は、当分の間、毎月の取り組み状況を報告するよう求めている。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/26/news115.html

まとめ

通信速度が遅いのがとても残念だけど、その分安いのであまり気にならない。キャリア参入でもっと早くなる可能性が高い。

大手キャリアの悪魔のようなお金を搾取する仕組みにうんざりしているなら、乗り換えたほうが良いよ。

数千円の差がでかいよね。積み重なると数百万になるから、乗り換えるなら早いほうが良い。

Suggest Link