漫画「トモダチゲーム」のゲーム内容やルールを解説したページです。

確認用に使用してください。

※陰口スゴロクまで

 

→「トモダチゲーム」を無料の電子書籍ですぐに読む

※キャンペーンが終了している可能性があります。公式で確認お願いします。

 

トモダチゲームとは

司会、進行は「マナブくん」という深夜のアニメキャラが担当している。

深夜アニメのキャラ

 

トモダチゲームの基本情報

  • 会場の場所:不明
  • 参加方法:不明
  • 参加費:借金額の1割
  • 参加条件:自分を信頼している友達がいること
  • チーム人数:5名1チーム
  • 参加年齢:なし
  • 会場までの移動:スタンガンによる気絶
  • 借金の回収方法:肉体労働
  • 上手く行けば借金が全額チャラになる
  • ビジネスとして運営されており、スポンサーは5チャンの住人?
  • 最下位の返済期限は1週間
  • 払えなければ肉体労働
  • 警察組織もグルなので通報しても意味がない

 

 

お金を「稼ぐ」ためのゲームである

  1. 1ゲームクリア毎に参加費相当額をプレゼント
  2. プラスになるボーナスも用意されている
  3. ゲームから降りることも可能だが、参加費は返却されず借金も消えない
  4. ゲームオーバーでも借金が増えることはないが、消えることもない

 

参加費は借金額の1割について、今回の場合は2000万円なので200万円

 

 

ネームプレート

現在の借金額がひと目でわかるように表示されている

 

ルール

ゲームに参加中は他人に絶対に「見せて」はいけない。
見せてしまうと借金が2倍になる

見せてはいけないけど、口頭で教えるのはOK

 

第1ゲーム「コックリさんゲーム」

 

トモダチゲームに登場したコックリさんゲーム

コックリさんに見立てた「全員で答えをそろえる◯✕ゲーム」

10円玉も特別にでかく作られており、「はい」や「いいえ」に動く。

指の力の入れ具合を感知するセンサーが入っており、力を入れた方向が少ない方や全員の答えが一致した方に動くように作られている。

 

小ネタ

会場の学級目標が「人を見たら泥棒と思え」

 

 

ゲームクリアの条件とルール

ルール

  • 相談・合図防止の為ゲームスター後は出題者以外「声をだすこと禁止」
  • 声を出したと判断されると借金額が2倍
  • クリアできなかった時は最下位に全員分の借金が集まる

 

クリアの条件

  • 5回中1回でも質問に対して「はい」の方へ行けばクリア。
  • 意見が割れようが「はい」に行かせたらクリア

 

 

備考

クリアすると参加費相当額がプレゼントされる(全体で200万円プレゼントされるので、一人あたり40万円借金が減る)

声に関してはかなりシビアで「・・・ッ!!」だけでもアウト。

4問目はサービス問題で「はい」ならクリア、「いいえ」なら出題者の借金半額になる。

5問目まで進みクリアしたチームは過去にいない。

 

 

出題に関して

  • 出題は司会に指名された順に一人1回ずつ行う。
  • 問題は封筒の中にあり、番号順に開封する。
  • 問題用紙には回答が書かれており出題者は「答え」を知っている

 

 

攻略のポイント

マナブくんが最初に説明したとおり「誰か一人が借金をなすりつけようとしているヤツがいる」を前提にゲームを組み立てなければならない。

 

今回友一が見当違いの推測で勝負に出て、クリアしたのは偶然。

運営者が5問目で友一の意表を付いた戦略を絶賛していたが、ラッキーでクリアしたことに気が付かなかった。

 

Sponsored Link

 

第2ゲーム「陰口スゴロク」

トモダチゲームに登場したすごろくゲーム

校舎の屋上風のステージでタイルをスゴロクのマスに見立てたゲーム。

このステージは神様と呼ばれる「出資者・視聴者」が自由にコメントが出来るようになっている。

スゴロクのマスは約60。内容はプラスもマイナスもちゃんと用意されていて、全てのマスの金額をプラスするとプラマイゼロになる。

前半にマイナスが多く、後半にプラスのますが多い。

 

 

ゲームクリアの条件とルール

クリアの条件

誰か一人でもゴールしたら残った人がクリア

 

 

特殊ルール

普通のスゴロクと逆のルールで1番にゴールした人が最も損をする

他人をゴールさせてクリアするゲーム。

友達をおとしめるほど先に進ませる事ができるので、神様のような人々がアンケートで投票したくなるような「許せない」ことを考えて書かないといけない。

 

 

基本ルール

  1. 陰口ペーパーに陰口を書く
  2. 内容をマナブが神様に発表する
  3. 「誰が一番許せないか」のアンケート投票結果の順位で進む数が決まる
  4. 1位は5マス。5位は1マス進まされる
  5. 白紙投票でもOK
  6. 全員白紙投票はみんな1マス進む
  7. 全員同時にゴールしても賞金200万がもらえる
  8. 他人のおとしめるためのウソはバレなければOK
  9. ウソがバレたら(嘘でないと証明された)強制的にトップにされてしまう
  10. 第2ゲーム中に増えた借金は1番にゴールした人間が全額背負う

 

 

クリア特典

ゴールせずにクリアした人が1人につき追加賞金100万円かつ第3ゲーム免除される

免除されたものは一時帰宅が許される

 

 

攻略のポイント

マナブくんが何度も説明しているように「このゲームは神様の出資で成り立っている」ことを念頭に置いて考えないといけない。

嘘をつくなら証明できないウソをつけば良い。

暴露された内容は「誰がなんのためにそれを書いたのか」を考えないといけない。

序盤は裏切り者を特定するよりも、「友達」を見つけることを優先する。

友達が見つかったら、裏切り者を特定するために罠を仕掛ける。

 

備考

途中盛り上げるために逆転の可能性が高い「スペシャルチャンス」マスが存在する。
運営が独自に調べ上げた大暴露ネタによって、最大10マス進ませる事が可能。

 

 

→「トモダチゲーム」キャラクター・登場人物

→「トモダチゲーム」ゲーム内容やルールの解説

→「トモダチゲーム」を無料の電子書籍ですぐに読む

※キャンペーンが終了している可能性があります。公式で確認お願いします。

 

 

Sponsord Link