沖縄でおすすめステーキ店はやっぱりステーキ!名前の由来は?

沖縄には色々なステーキ店があるけど、とても良いステーキ店を見つけたので紹介しますね。

名前は「やっぱりステーキ

安い!
早い!
気軽!
美味い!
食べごたえあり!

一度行くと何度でも行きたくなりますよ。

名前がどこかで聞いたこともあると思います。似ている名前のお店が「いきなりステーキ」なんとなく似てるだけで全く違うお店ですよ。

Sponsord Link

名前の由来

「やっぱり美味しい」「やっぱり食べたい」、そう心に残る食と場の提供は、日常の食のシーンを豊かにできると信じています。

https://yapparigroup.jp/

そのまんまですね。ストレートでわかりやすい。

値段がお手頃で安い!

まずはじめに値段を紹介しますね。

一番お手頃価格でおすすめがカットステーキ200g 1000円(しかも税込)

やっぱりステーキの価格

同じヒレ肉でやっぱりステーキはと比較してみる。

やっぱりステーキ: 2480円(税込)(300g)

いきなりステーキ:2700円+税(300g)

牛の産地が違うのでなんとも言えないが、単純に価格だけ比較するとやっぱりステーキが安い。

提供が早い

混雑時でも15分も立たずに提供される。お腹空かしているときはありがたいね。

やっぱりステーキ ミスジ

表面だけ焼かれてて中はレアだから早いのだよう。

熱々の岩盤プレートで好みの状態まで焼けるので、気になる人はしっかり火が通せる。

気軽に行ける

やっぱりステーキの最大の売りは、「気軽に食べられる美味しさ」。店舗づくりには、お一人様でも、女性でも学生でもサラリーマンでも、誰もが気軽にご来店できるような店づくりを意識しています。

https://yapparigroup.jp/

価格と店内の雰囲気がとても気軽。

かしこまらなくてもよいしマクドナルドレベルの感覚で行ける。

やっぱりステーキ豊見城店の店内の様子
やっぱりステーキ 調味料

各テーブルに調味料があるのでゆっくり選んだり、組み合わせを試したりできる。

美味い!

採用してる部位は、あっさりとした食感と濃厚な味わいのあるミスジ肉。肉本来の旨味を残すため、丁寧に手作業で下処理をしています。だから、「やっぱりステーキ」のお肉は、嬉しくなる美味しさなのです。

https://yapparigroup.jp/

丁寧に手作業で下処理をしています」

これポイント!ホントに下処理やっています。調理場が見えるからわかるけど誰か一人はずーっとずーっとスジを取る下処理をしている。

大里イオン店はよく行くのでちょいちょい見てるけど、昼も夜もずーっと下処理ばっかりしている。

そのおかげで安くて美味い肉が食べれるのを実感できている。

食べごたえあり

一般的なステーキと違ってブロックで提供される。

肉塊はとても厚みがあって食べごたえあり!

コレで1000円はやばい!

サイドがおかわり自由

肉以外のサイドが食べ放題なのが嬉しい。

  • サラダ
  • ごはん(白米/雑穀)
  • スープ

正直肉だけでは足りないと感じている人には調整できるので、腹一杯で帰ることができる。

いつも人がいる

大里イオン入っている専門店はことごとく撤退していった。特に飲食店はいつもスカスカであっという間に店がなくなっていった。

あるひ、やっぱりステーキが入ってきた。どうせすぐに撤退するだろうなと思っていた。

しかし、オープンしてからずっとお客さんが絶えない。いつでも誰かがステーキを食べている。

大里イオンに活気を取り戻してくれた唯一のお店だと思う。

まとめ

やっぱりステーキに行ったことがない人はぜひ行って欲しい。

一度行けば満足できるしまた行きたいって感じられるから!