持続化給付金が支払われるまでの実際の期間はいつ?申請から振り込まれるまでの記録【随時更新】

中小企業法人・個人事業主向けの「持続化給付金」は、不備などがなければ通常2週間程度で入金と記載があります。

実際はどうなのか気になる方のために記録として残しておきます。

前半が法人後半が個人事業の申請から給付までの流れを記載しています。

Sponsord Link

持続化給付金の振り込みまで【法人】

  • 申請日:2020年5月2日18:00オンライン申請完了
  • 申請番号:J270000番台
  • 赤枠点灯:5月16日(土)
  • 入金予定日:5月18日(月)
  • 赤枠消滅:まだ
  • 給付通知書到着:未定
  • 入金:未定

2020年5月7日(木)
政府が2万件に振り込んだニュースがネットで流れていたので、もしかしたらと思い確認したら12:00時点でまだ振り込みなし。

5月13日(水)
に政府が12日までに2万7千件に振り込んだニュースを読んだので、確認したところまだ振り込まれていなかった。

5月15日(金)
一応確認してみたけどやはり振り込まれていなかった。「今何番目まで処理完了」みたいな目安がわかればいいのにね。とりあえず来週に期待。

5月16日(土)
申請マイページを開いたら表示が変わっており、進展がありました。下記のようなメッセージが表示されていました。

れから不備があれば修正手続きがあり、なければ給付通知発送が行われます。
振り込みと給付通知どっちが先なのか気になる。(追記/振り込みが先になり、1週間後に給付通知が届くみたい)

ようやく270000番台まで来ました。

5月19日(火)
振り込まれたかチェックしに行ってきましたがまだでした。目安の2週間が過ぎてもダメだ。給付金を当てにして借金や使いすぎに注意!

5月20日(水)
5月1日に申請した13万番代の方が入金があったとネットで見ました。私はまだまだかかりそう。

5月21日(木)
40万件5000億円以上届けていると発表がありました。

5月22日(金)
赤枠消えていないけどもしかしたら振り込まれているかなと思い講座確認したけど、まだだった。

5月27日(水)
相変わらず新新赤枠から変化もなし、不備メールも届かない。
ファイルの破損も無いみたい。

もう待てない。再申請にかけてみたいと思う。
「この法人番号は既に申請されているため、申請できません。」
でエラー表示がでた。もう待つしか無い。

5月29日(金)
午前3時にマイページと同じ内容のいわゆる「謎メール」届く。
もしや赤枠消滅か!?と思ったけど変化なし。
申請から一定期間過ぎた人への自動メールっだったようだ。

5月31日(日)
ついに5月が終わってしまった。毎日マイページをチェックするのが日課になってしまった。
ツイッターでは「申請から3日で振り込まれた」と信じられないツイートをみた。ホントかな?
とりあえず6月に期待。

6月3日(水)
まだ赤いあいつがずっと点灯している。
なにも変化がない。
ツイッターで初日組が振り込まれた報告を見るたびに安心と不安な気持ちになる。

持続化給付金の振り込みまで【個人】

  • 申請日:2020年5月27日17:00オンライン申請完了
  • 申請番号:J1330000番台
  • 赤枠点灯:まだ
  • 入金予定日:6月10日(水)
  • 赤枠消滅:まだ
  • 給付通知書到着:未定
  • 入金日:未定

5月27日(水)
個人事業の資料が整ったのでオンラインで申請を行いました。
法人は入金がまだなので、個人事業はスムーズに行くことを祈る。

5月31日(日)
マイページは特に変化なし。まぁそりゃそうか。とりあえず6月1週目に赤枠点灯するといいけど。

6月3日(水)
変化なし。赤枠点灯が待ち遠しい。不備メールも特に来ていないようだ。

関連ニュース/メモ

持続化給付金に関連するニュースなどの記録を残しています。

1円単位まで全額支給

中小企業・地域経済産業経済産業省は、5月8日(金曜日)より、「持続化給付金」の支給額の算定方法を変更しました。

1.持続化給付金の給付額の算定方法については、以下の算定式によるものとし、10万円未満の額を切り捨てる運用としていました。

2.本日の給付開始以降、10万円未満の額についても給付を希望される声が大変多く寄せられたことから、10万円未満の額についても後日支給することとします。

3.できるだけ早期に追加支給が可能となるよう調整を進めてまいります。追加給付を受けるための再度の申請は不要です。

4.引き続き、事業者の皆様にとって、必要な支援を迅速かつ分かりやすくお届けすることに努めてまいります。

5.持続化給付金に関するお問い合わせについて、お電話は大変混み合うことが予想されますので、事務局や経済産業省のホームページ、LINE等も併せて御活用ください。

遅れている原因は受注した法人だった

安倍政権がコロナ不況への緊急経済対策として打ち出した「持続化給付金」。約2兆3000億円の予算がついたこの事業を経産省から委託された一般社団法人が、実体のない“幽霊法人”だったことが「週刊文春」の取材で分かった。社団法人の代表理事が「週刊文春」の取材に対し、「何も活動がない」と認めた。

トラブル続出 コロナ「持続化給付金」を769億円で受注したのは“幽霊法人”だった

委託した経産省に問題ありだろうな。どこでもいいから仕事だけはちゃんとやればいいのに。

まぁ一番しんどいのは下っ端のコールセンターだろうな。

申請やり直しメールが届くのが3週間後

歌舞伎俳優の坂東彌十郎が19日、公式ブログを更新し、持続化給付金の申請をやり直すようメールが来たことを報告している。

 彌十郎は「えーっ今頃?」と題した投稿で、「持続化給付金の申請は4月中に完了して そろそろ振り込まれるかと耐え忍んで待っていましたが 今日メールで 書類に不備がありました。やり直してください。って」と、持続化給付金の申請をやり直すよう申し渡されたことを報告。

デイリー

やり直しメールが届くのが3週間後なら振り込みも同じぐらいになりそう。やり直しはきついな。

振り込み前日に赤枠が消滅する

ネットで調べたところ振り込まれる前日にマイページの赤枠が消滅するようです。

赤枠消滅の翌日に入金される【旧赤枠】

赤枠無しでいきなり振り込みされた方もいますので一概には言えない。

赤枠消滅でも振り込まれないケースもあります。
このケースは一番精神的にキツイかも。

20日(水)赤枠消滅組の多くが未入金のようです。

入金は申請順ではない

  • 5月9日(土)にオンライン申請
  • 5月20日(水)午前中に入金

5月20日時点で80万・90万番代でも入金あったとネットでみました。

担当する審査機関によっても早い遅いがありそう。

2020年創業の事業者も給付対象になった

「本年3月末までに創業した事業者について、持続化給付金で支援を行うことと致しました」(梶山弘志 経産相)

6月中旬から受付開始します。さらに混雑する見込みです。

入金時間は決まっていない

9時台に振り込まれた方や13時ごろに振り込まれた方もいました。

特に決まっていないようです。

給付通知書到着は振込み後

給付通知書は振り込まれたあとに届きます。

到着は2日後〜1週間後など様々。

事務局からのメールが迷惑メールBOXに入っていない?

「事務局からの不備メールが迷惑メールフォルダに入っていてしばらく気が付かなかった」

とツイートしている方がいました。

念の為時々チェックしてみると良いかも。

初日~3日目申請組が特に遅れている?

ネットで色々調べてみたら特に遅れているのが初日~3日目申請組。3週間音沙汰なしが多い感じがする。

なにか原因あると思うけど真相解明されるのだろうか。

初日組はサーバーダウン時にデータロストしているとの噂も。ついでに2日組も何かしら起こっていそうな予感。

他人に振り込まれてる事もある

使えないお金が振り込まれてもしんどいですね。

法人は再申請できない

最新性でサクッと入金されたツイートを見つけました。

ただ待つよりも再申請のほうが早そう。

しかし、マイページの赤枠には下記が記載されていた。事務局の手間を増やすだけなのかな。

※重複して申請をしている場合は、重複確認が必要となるため、給付までに相当の時間を要します。

実際はどうなのかわかりませんが、重複申請だと赤枠消滅後もしばらく振り込まれないケースがあります。

それでも進展が無いよりはマシだ。これからやってみる。


やってみた結果。

法人は再申請できませんでした。

待つしかないのか。

個人は再申請した方が良いのかな?

5月3日目ぐらいまでの個人事業主は再申請の意味あるみたい。

ただ、事務局に照合などの余計な手間をかけさせてしまうのも事実なので、一概には進められない。